トップ てんぷら料理ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

てんぷら料理ナビてんぷら作りの腕を上げる > てんぷら名人になろう

てんぷら名人になろう

てんぷら名人になろうの画像

てんぷら作りは難しいと感じている人も多いそうですが、てんぷらは作り方のコツを抑えれば、だれでもおいしく作ることができるのです。てんぷら作りは難しいと感じる人が多いということは、てんぷらをおいしく作ることができる人は、かなりの料理上手な人として認められることもできるということです。

てんぷらで大切なのは、衣作りであり、油の加減であり、最終的な盛り付けまでありますが、いずれも少しコツを知っておくことで、おいしいてんぷらが出来上がるのです。てんぷらの衣に必要なのは、小麦粉と卵、水が主な材料ですが、水なら冷水を使ったり、卵は卵黄の部分を使ったりすることで、風味が上がり、カリッとした感触があるてんぷらが出来上がります。また、てんぷらでは、衣や食材など、調理をする直前まで徹底して冷やす努力をすることで、理想的なてんぷらへと近づけるのです。

揚げ油は、一般的なサラダ油やてんぷら油などでも充分ですが、ゴマ油やほかの種類の油を適量ブレンドさせると、プロの味わいがでるてんぷらとなります。てんぷらを揚げるときには、衣作りも揚げ油もテンポ良く準備し、スピーディーな調理が求められます。ですから、材料の下ごしらえを済ませ、天つゆや盛り付けるお皿を準備し、油を注いで火を入れてから、最後にてんぷらの衣の準備をすると、時間に無駄がなく、また冷たくしておきたいものは冷たいままてんぷらの調理にとりかかることができます。

揚げ油は、できるかぎり一定の温度で保つことがおいしいてんぷらを作るコツとなりますので、一度に食材を入れ過ぎたり、低いままの温度や高過ぎる温度でてんぷらを揚げたりすることがないようにしなければいけません。てんぷらの盛り付け方にもコツがありますので、それを意識しててんぷらをお皿に並べていくだけで、最終的にてんぷらをおいしく見せることができるようになるのです。

薄味の食材でできたてんぷらから順番に食べることができるようにすることと、小さな形のてんぷらから食べるという、てんぷらをおいしく食べることができるルールを守って盛りつけをするのです。



スポンサー広告

ネットショップ広告


てんぷら料理ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

    • さかなや千本一 静岡県沼津市千本港町101 電話055-952-0025
    • 時代屋 群馬県渋川市祖母島2293−1 電話0279-24-3868

今日のお勧め記事 ⇒ 残ったてんぷらの行末

てんぷらが残った場合、そのままのてんぷらの状態で翌日のお昼ご飯のおかずになるという家庭が多いかもしれません。その場合は、そのままてんぷらを電子レンジなどで温めて食べるということが多いのですが、てんぷらのカリッとした食感を復活させたいときには、オーブントースターで焦げない程度に焼くという方法が効果的です。 またさらにもうひと手間かけられるときには、残ったてんぷらを一度水にくぐらせてから、もう一度油で揚げて火を通すと、てんぷらが揚げ立ての味わいに戻ります。夕食にてんぷらをメニュ

てんぷら料理ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。