トップ てんぷら料理ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

てんぷら料理ナビてんぷらはお好き? > てんぷらとカロリーのお話

てんぷらとカロリーのお話

てんぷらとカロリーのお話の画像

てんぷらは油で揚げる料理なので、てんぷらを食べることによって、カロリーを摂り過ぎるのではと心配する人も多いようです。てんぷらの衣は、小麦粉と卵、水を混ぜ合わせたものが基本的なものとなりますが、素揚げや唐揚げにするときと比べると、衣がどうしても厚くなりますので、これらの調理方法と比べるとてんぷらはやや分が悪くなってしまいそうです。では、フライとてんぷらとの比較ではどうでしょうか。

フライの調理をするときには、食材に小麦粉を付けて、卵にくぐらせて、パン粉をくっ付けてから油の中に入れますので、どうしてもてんぷらよりも衣は厚くなります。またパン粉は乾燥タイプでも生タイプでも、油を吸収しやすい性質がありますので、フライでは、油分を多く摂ることになりがちです。

てんぷらの場合でも、フライの場合でも、衣を付けて油の中に投入することで、食材や
衣に含まれている水分が一気に蒸発することになりますが、てんぷらの衣とフライの衣とを比較すると、てんぷらの衣のほうが、食材が持っている水分の蒸発を抑えることができるのです。

またカロリーを考えるうえで大切な油の吸収は、てんぷらの衣のほうが抑えることができるので、フライとの比較ではてんぷらがかなり有利となります。さらにできるかぎりカロリーを抑えながらてんぷらをおいしくする方法として、食材の切り方を工夫して、可能なかぎり大きめの食材に衣をつけて揚げてから小さく切ると、衣を付ける量そのものを少なくすることができます。

食材をそのままてんぷらにするのではなく、一旦は茹でたりタレを浸み込ませたりするなどといった下ごしらえをすることで、食材を油に入れている間の時間を短縮することができ、油の吸収を大幅に減らすことができます。てんぷらだからカロリーが高いと考えるのではなく、てんぷらの調理方法を工夫することで、カロリーは意外と低く抑えることができるものであるということを知っておきたいものです。



スポンサー広告

ネットショップ広告


てんぷら料理ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

    • さかなや千本一 静岡県沼津市千本港町101 電話055-952-0025
    • 時代屋 群馬県渋川市祖母島2293−1 電話0279-24-3868

今日のお勧め記事 ⇒ 残ったてんぷらの行末

てんぷらが残った場合、そのままのてんぷらの状態で翌日のお昼ご飯のおかずになるという家庭が多いかもしれません。その場合は、そのままてんぷらを電子レンジなどで温めて食べるということが多いのですが、てんぷらのカリッとした食感を復活させたいときには、オーブントースターで焦げない程度に焼くという方法が効果的です。 またさらにもうひと手間かけられるときには、残ったてんぷらを一度水にくぐらせてから、もう一度油で揚げて火を通すと、てんぷらが揚げ立ての味わいに戻ります。夕食にてんぷらをメニュ

てんぷら料理ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。